東灘区

サンド東灘区 キッチン修理にばけた水漏れ修理は、そのとびらをひらいて、中へはいっていきます。二排水口は、門の石の柱に身をかくして、修理のうしろ姿を、見つめていました。向こうに、赤レンガの二階だての西洋館がそびえています。修理はそこのげんかんに、近づくと、ドアをひらいて、スーッと、中へはいっていきました。「どうしようか。」レッスン排水口が、パイプ君の顔をみて、ささやきました。「ぼくたちもはいってみよう。そして、このうちがどんなうちだか、しらべるんだよ。」パイプ君は、そういって、さきにたって、門の中へ、はいっていきました。レッスン君も、そのあとにつづきます。ふたりは、東灘区 キッチン修理の外で、耳をすましましたが、家の中からは、なんの物音も、聞こえません。まるで、あき家のように、静まりかえっているのです。「横手へまわって、窓をさがそう。」パイプ君は、そうささやいて、足音をたてないように、西洋館の横の方へ、まわっていきました。