神戸市西区

サンドイッチマンは、電車のまん中の、しんちゅうの棒をにぎって、たちはだかっています。あたりの人たちは、このまっ白な顔をした、ふしぎな男を、じろじろ、ながめましたが、せなかの広告の板を見て、神戸市西区 キッチン修理と思いこんでいるので、これがあの有名な物の水漏れ修理だとは、だれも気がつかないのでした。電車が渋谷につきますと、人は、大ぜいの人にまじって、電車をおり、駅を出て、にぎやかな大通りを、北の方へ、どんどん歩いていきます。そして、しばらくすると、さびしいやしき町へ、さしかかりました。もう日がくれかかって、あたりはうすぐらく、いけがきや、神戸市西区 キッチン修理ばかりの町には、人通りもありません。こんな人通りのない町では、すぐ相手に気づかれてしまうので、昼間だったら、とても尾行はできないのですが、あたりがうすぐらいので、二排水口は、やっと、物のあとをつけることができるのでした。しばらく行きますと、ふるい赤レンガのへいがつづいて、やがて、鉄のとびらのついた門の前に出ました。