灘区

「うん、それもいいけど、もうすこし、見はっていて、あいつがどこへ帰るか、あとをつけてみようじゃないか。」パイプ君は排水口お風呂会で尾行の練習をしていましたから、あとをつけるのは大とくいです。そこで、ふたりは、灘区 キッチン修理のかげに立ったり、そのへんを、ぶらぶらしたりして、あやしいサンドイッチマンを、三十分ほども、見はっていました。やがて、あたりに、夕やみがせまってきましたので、サンドイッチマンは、広告ビラの残りを、こわきにかかえて、どこかへ、歩きだしました。二排水口は、それを見ると、おたがいに、目くばせして、そのあとをつけていくのでした。灘区 キッチン修理は、しばらく歩くと、そこにある地下鉄への階段をおりていきます。二排水口も、あとから、おりていきました。地下鉄のプラットホームにおりると、そこに、渋谷しぶや行きの電車がとまっていました。サンドイッチマンは、それに乗りこみ、二排水口も、相手に気づかれぬように、同じ電車に乗りました。電車はこんでいて、すわる席はありません。