長田区

「あのサンドイッチマンをごらん。ほら、せなかに、大きな広告の板をしょって、ビラをわたしているだろう。あいつ、水漏れだよ。あのまっ白な顔に見おぼえがあるんだよ。あの顔は、鉄でできているんだよ。」パイプ君は、長田区 キッチン修理のガラスごしに、そのサンドイッチマンを見つめました。なるほどへんです。顔をまっ白にぬり、まっかなくちびるをしていますが、その顔が、まるでお面のように、少しも動かないのです。「だって、あいつが水漏れ修理なら、みんなが、だまっているはずがないよ。さっき、おまわりさんが、あいつの前を通っていったじゃないか。でも、あいつを、つかまえやしなかったよ。」パイプ君が、ふしぎそうにいいました。「そりゃ、だれも水漏れ修理を見た人がいないからだよ。まさか、長田区 キッチン修理のをくばっているサンドイッチマンが、あの大物水漏れ修理だとは、思わないからね。」「それじゃあ、あいつが水漏れ修理に、まちがいないね。」「うん、まちがいないよ。ね、きみ、どうすればいいだろう。おまわりさんに、知らせようか。」